「おい、春原」
「はっ、はい!ななな、なんでしょうか!?」
「殺せ」
「………はい?」
「コイツを殺せよ」
「ええと、こいつ…とは?」
「コイツと言ったら、コイツに決まってるだろうが。
 他にこの場に誰かいるか?ああん…?」
「あ、いえ、すいません…岡崎のことっすよね、へへっ…。
 あの…僕がその岡崎をこ…ころ…あ、あはは…え?」
「さっさとやれ」
「どうやって…っすか…?」
「お前の持ってるやつでいい。
 それとも、こっちの鉄やすりがいいのか?
 そうだな、こちらの方が死ぬまで何度も殴って楽しめるだろうな。
 そちらのナイフで一突きするよりは面白そうだが…」
「い、いえ!ナイフでお願いします!!」
「そうか?まあ、いい。ほらよ」
「むぐぅっ…!」
「うっ…岡崎…」
「春原…っ!!」
「悪く思わないでくれよ…。僕だってこんなこと…ん?」
「ぎぎぎ…」
「あんまり動かないでくれっ…失敗して…苦しむのはお前なんだぞ!…ん?」
(春原っ…気づけ…!)
(岡崎?…ポケットから…あいつには見えないように…。
 何か僕に見せて…て、鉄砲っ!?
 もしかして、岡崎の縄を僕のナイフで切れば、
 岡崎があいつを殺せるかも…?
 でも、失敗したら僕まで殺されちゃうよ…だから…)
「悪いな、岡崎。何を企んでるか知らないけど、潔く死んでくれよ…」
「なっ…春原!?お前…っ!」
「死ねやあああぁぁぁーーーっ!」
(畜生っ…お前だって、
 芽衣ちゃん達がどんな目にあったか知ってるだろうがよっ…)
バコンッ。
(あ、あれ?バコン…って、春原!?)
「なんのつもりだ?」
「ぐぐ…し、死ぬのはお前だよ…岸田洋一…へ、へへへ。
 僕のナイフじゃ素早くあのロープを切断するだけの切れ味はないからね。
 だけど、お前の腰のシュラフに手が届きさえすればっ…」
「あ…いつの間にお前、この野郎!」
スパッ…。
「後は頼んだぜ!岡ざ…」
バコォーンッ!
「うわぁぁぁーーーっ!!す、春原あああああぁぁぁぁぁっ!!」
「このクソガキ共がァァァァァァァァッ!!!!!」
「うわぁぁぁーーーっ!!岸田洋一いいいぃぃぃっっっ!!」
パァンッ!パァンッ―――

「って、撃たれるの僕っすか!
 ひ、ひぃっ…オデコに二つ穴が空いてるっ!?」
「おお、流石、春原!お前こそ真リアクション芸人だなっ」
「おいおい、マジかよ、お前ら…イカれてんのか…?」
「ひぃぃぃーっ。血がぴゅぅ〜ってなってるうううっ!」
「悪いな、岸田洋一。
 お前のエンターテイメントはこいつの足元にも及ばねぇよ…」
「この…化物め…」
「お、この銃、弾が一個余ってんじゃん…なあ、岸田」
「お、おい」
パァン。
「嘘だろ、おい」
「それも、僕を撃つんですかねぇっ!ひ、ひぃ!おへそが二つになったよっ!」
「恐怖で体が固くなってる。それじゃあ、春原みたいに踊れない」
「狂ってやがる…」
「お前は中途半端だった。この出来損ないめ」

「やったな、すのぴー!お前の勝ちだ。
 まさに、『天国って地獄の底にあるんだね』って感じだよな」
「何処まで行っても地獄ですよっ!」